rko-book.com ~おススメのミステリー小説を紹介するブログ~

2018年11月よりスタートした、これまで読んだおススメ小説を紹介するブログ。ほぼネタバレなしで紹介します。

『すべてがFになる/森博嗣』:理系ミステリーを肌で感じたい人におススメ♬


f:id:rko-3rdgeneration:20190106170014j:plain

 

個人的こんな方におススメ♬

こんにちは、RKOです。本日は森博嗣さん1996年発表、衝撃のミステリーの紹介です。私も当時読んだときに衝撃を受けました。第一の殺人が衝撃的なんですよね。しかも密室殺人。

 

ドラマ化もされたそうですが、小説でも情景がイメージできる程の見事な描写力で描かれておりますので怖さも感じられます。でもなぜこういった殺人が行われたのかというのが最後でしっかりと腑に落ちる構成。是非ともおススメしたい作品です。

 

ズバリ、この作品は、

『衝撃の理系ミステリーを堪能したい』人向けです。

 

概要

孤島のハイテク研究所で、少女時代から完全に隔離された生活を送る天才工学博士・真賀田四季。彼女の部屋からウエディング・ドレスをまとい両手両足を切断された死体が現れた。偶然、島を訪れていたN大助教授・犀川創平と女子学生・西之園萌絵が、この不可思議な密室殺人に挑む。新しい形の本格ミステリィ登場。

RKOの個人的おススメ指数

謎の素晴らしさ: S(天才ですよ、このトリック考えた人は 笑)

文章構成: B(ちょっと途中に停滞感があるかな~)

登場人物: C(実は犀川、萌絵コンビにあまり感情移入できないんですよね)

読みやすさ: B(結構理系トークが多いので人を選ぶかも)

再読したい度: A(トリックを忘れた頃に再読したいけど・・・)

おススメ指数 A
やっぱり、殺人のトリックが斬新で素晴らしい、そこですね。

感想

森博嗣さんといえば理系ミステリー。私も理系ですし、言っていることも理解できるのですんなり物語にも入っていく事ができました。しかしながら、少し話が長いので序盤の衝撃をそのまま引っ張れず、途中で停滞した感はあります。

 

ただし、密室トリックの謎が明かされたときのスッキリ感は今でも忘れられません。

 

やっぱり、この素晴らしいトリック、それだけで十分なんですよ。

 

森博嗣ファンの方には、「絶賛しているわりに『A』かよ!」って突っ込まれるかもしれませんが、本ブログは本当におススメしたい作品だけ紹介しているのでどうかご理解ください。笑 <(_ _)> 

 

冒頭にも述べましたが私はこの作品が好きなんです。笑

超斬新トリックの理系ミステリー、是非ともご堪能ください。