『陽気なギャングの日常と襲撃/伊坂幸太郎』:魅力的な登場人物が描く世界♬

f:id:rko-3rdgeneration:20190106165412j:plain

個人的こんな方におススメ♬

こんにちは、RKOです。本日は伊坂幸太郎の陽気なギャングシリーズ第2作をご紹介したいと思います。第1作は以下の記事をご参考に。

 

 

第1作で4人のキャラに魅了され、作品を楽しめたという方、絶対に2作目も読むべきですね。なぜなら、今回は4人それぞれにスポットが当たった短編的な話が4つ続きますので彼らの個人毎の魅力がクローズアップされています。そしてその後の本編、といった流れ。しかしながら、そこは伊坂幸太郎さん。これらの話を見事に絡み合わせることで、終盤のハラハラする展開へと読者を導きます。

 

ズバリ、この作品は、

『1作目で4人のキャラに魅了された』人向けです。

 

概要

嘘を見抜く名人は刃物男騒動に、演説の達人は「幻の女」探し、精確な体内時計を持つ女は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリは殴打される中年男に遭遇―天才強盗四人組が巻き込まれた四つの奇妙な事件。しかも、華麗な銀行襲撃の裏に「社長令嬢誘拐」がなぜか連鎖する。知的で小粋で贅沢な軽快サスペンス!

 

スポンサーリンク

 

RKOの個人的おススメ指数

謎の素晴らしさ: B(伏線が回収されていく爽快感がステキ)

文章構成: A(それぞれの短編が最後一つに向かっていくワクワク感)

登場人物: S(相変わらず4人の会話は読者を飽きさせません)

読みやすさ: A(この世界に入り込んだかのような気持ちに)

再読したい度: A(次も読みたいと思わせる作品)

おススメ指数 A
また会いたいと思わせる登場人物たちの魅力は伊坂作品ならでは。

 

スポンサーリンク

 

感想

今回は銀行強盗4人(嘘をみやぶる男、演説の達人、超一流のスリ、精確な体内時計を持つ女)それぞれに焦点を当てた短編が途中まで展開されますので、第1作と比較してそれぞれの考え方がより感じられるように描かれております。それだけになおさら彼らに感情移入できてしまう。その結果、終盤は、「もう終わりか~」という気持ちにさせるんですよね~。これが伊坂さんの魅力でしょうか。

また、これらの短編的なお話が終盤に繋がってきます。「おっ、あの伏線ってこの事か~」と驚いたり、「それあったね~」とつぶやいたりしながら読めるところも本作の完成度を表しているかと思います。

伊坂作品をあまり読んだことが無い方も、伊坂ワールドへの入口としてこの「陽気なギャングシリーズ」から読み始めてはいかがでしょうか。その際は、ちゃんと第1作の「陽気なギャングが地球を回す」から読んでくださいね。

 

 

おまけ)

■第1作

スポンサーリンク
最新情報をお届けします