『月光ゲーム Yの悲劇’88/有栖川有栖』:恋愛模様も本格推理も楽しめる♬

f:id:rko-3rdgeneration:20190106165309j:plain

個人的こんな方におススメ♬

こんにちは、RKOです。本日は有栖川有栖さん「学生アリスシリーズ」記念すべき第1作、月光ゲーム Yの悲劇’88のご紹介です。本作品は英都大学推理小説研究会の有栖川有栖と、部長江神二郎を軸とした本格推理小説です。

なんと、キャンプに行った山で噴火が起こり、脱出できない状況で連続殺人が起きるというトンデモ展開です。それだけに、「どうなるんだろう・・・」とハラハラしながらも読者は誰が犯人なのか少ない情報から推理していかなければなりません。

それでも解決編を読むとスッキリ納得できる、という完成度の高さ。読者の期待を裏切らない作品となっています。

ズバリ、この作品は、

『ハラハラしながらも犯人を見破りたい!』人向けです。

 

 

なお、この作品の副題「Yの悲劇」に心当たりはありませんか?そうです、過去にご紹介したエラリー・クイーンの「悲劇4部作」の2作目です。

 

 

Yの悲劇を読んでいると、一層本作を楽しむことができます。また、作者のエラリー・クイーンへの愛が感じられます。私もエラリーが大好きですので。「うんうん、わかるよ~」と頷きながら読んでおりました。笑

ちなみに、エラリー・クイーンの著書に出てくる「探偵のエラリー・クイーン」をかなり意識しております。悲劇4部作の探偵役ドルリー・レーンとは違ったタイプの魅力的なキャラなのです。こちらも機会があればいずれご紹介致します。

 

概要

夏合宿のために矢吹山のキャンプ場へやってきた英都大学推理小説研究会の面々―江神部長や有栖川有栖らの一行を、予想だにしない事態が待ち構えていた。矢吹山が噴火し、偶然一緒になった三グループの学生たちは、一瞬にして陸の孤島と化したキャンプ場に閉じ込められてしまったのだ。その極限状況の中、まるで月の魔力に誘われでもしたように出没する殺人鬼。その魔の手にかかり、ひとり、またひとりとキャンプ仲間が殺されていく…。いったい犯人は誰なのか。そして、現場に遺されたyの意味するものは何。

 

スポンサーリンク

 

RKOの個人的おススメ指数

謎の素晴らしさ: A(完成度高し!)

文章構成: B(エラリー・クイーン好きなら一層面白いかも・・・)

登場人物: A(おい、みんな恋に落ちすぎだろ!笑)

読みやすさ: A(大変読みやすいです。作者の丁寧な描写に敬服)

再読したい度: A(記念すべきアリスシリーズ1作目なのでまた読むかと)

おススメ指数 A
江神さんの論理的推理はエラリー・クイーンを彷彿とさせます。

 

スポンサーリンク

 

感想

この作品は二つの魅力的な点があると考えております。まず一つは火山の噴火という特殊なクローズド・サークルの形成方法。これは面白いなと思いました。登場人物たちは火山の噴火と殺人犯の両方から逃げなければならない。この展開にワクワクさせられました。

もう一つは、エラリー・クイーンのような論理的思考による爽快感溢れる推理。ロジカルな江神さんの推理は納得性が高いと同時に、大変魅力的に感じます。それを盛り上げる、望月、織田、有栖という推理研究会のメンバー。このメンバーのやり取りが面白いので飽きずに物語としても楽しむことができるのです。

 

ただ、1点だけ言いたいことがあります。

 

みんな出会ったばかりの子と恋に落ちすぎだろ!笑 

しかも相思相愛になるかい!笑 私が学生時代はそんな事なかったのに( ゚Д゚)。

と言いたくなるほど男女の仲が・・・なのです。有栖川有栖さんも学生時代はリア充だったのかな~。笑

 

この後のアリスシリーズは「孤島パズル」、「双頭の悪魔」と次から次へと名作が続きます。こちらも今後ご紹介したいと思います。

まずは記念すべき第1作、「月光ゲーム Yの悲劇’88」ですよ♪

 

 

スポンサーリンク
最新情報をお届けします