『禁断の島』レビュー:みんなで盛り上がれる協力型ボードゲーム

はじめに

 

こんにちは、RKOです。先日、「禁断の島」という面白いボードゲームを購入しましたので、ご紹介したいと思います。

 

前回は、自分の手札を駆使して、相手の手札を推測し、犯人を探すカードゲーム「犯人は踊る」をご紹介しました。

 

関連記事

はじめにこんにちは、RKOです。本日は年末年始に"みんなで楽しめるカードゲーム"を購入しましたのでご紹介します。その名は、「犯人は踊る」。ボードゲームで有名な"すごろく屋"さんの商品。 推理小説好き[…]

 

このように、たまに面白そうなゲームを購入して楽しんでいます。

 

今回購入したのは「禁断の島」というボードゲーム。対戦型ではなく、比較的珍しい「協力型ボードゲーム」です。この協力型というキーワード、結構大事です。

 

幼少期に「桃太郎電鉄」というゲームで、ルールに則ったいやらしい妨害を繰り返し、友達の家から1年間の出入り禁止を受けた事がある私からすると、みんなで協力するゲームの価値は大きいです。

 

このゲームは、「禁断の島」に上陸したプレイヤー達が、協力して4つの財宝を獲得し、島からの脱出を目指す、友達や家族とも楽しめるボードゲームでした。

 

 

スポンサーリンク

 

購入のきっかけ

 

購入のきっかけは、たまたまヨドバシカメラのボードゲームコーナーで見つけた事です。いつものように、特に前情報もなく購入したんですが、後で調べたところによると「パンデミック」という非常に評価の高いボードゲームを開発した方の作品との事。

 

ちなみに、パンデミックも協力型ボードゲームらしいんですが、「禁断の島」の方がよりシンプルらしいです。

(参考)パンデミック(同開発者の高評価ゲーム)

 

協力型ボードゲーム「禁断の島」の概要

 

 

このゲームは2人から6人用です。ただ、1人で6人のプレイヤーを操作することもできるので、1人でも遊ぶことができます

 

上陸したプレイヤー達は、「禁断の島」で4つの財宝を集めながら、最終的には全員で発着場からヘリコプターで脱出しなければなりません。脱出にはプレイヤー同士の連携が必要不可欠です。

 

しかしながら、この禁断の島、どんどん沈んでいきます。沈みゆく島の上でメンバーの信頼感が試されます。

 

プレイヤー達の運命は、全員が生きて島から出るか、それとも、島と共に沈むかのどちらかです。

 

スポンサーリンク

 

禁断の島:プレイマップ

 

 

こちらはプレイ中の島の状態です。青いタイルは、「浸水状態」といって、まだこの状態ならプレイヤーはタイル上に乗ることができます。

 

プレイヤーは「排水」というアクションを行い、沈んでしまう前にタイルを元に戻すことで沈没を食い止めます。

 

ところが、ゲームの進行につれて、島の浸水が加速していきます。

 

 

どこが浸水するかは、各ターン終了後浸水カードの引きによります。水位に伴って引く枚数が決められています。

 

浸水状態のタイルを引いてしまうと、そのタイルは「沈没状態」となり移動できなくなります

 

 

こちらがゲーム終盤の状態です。宝を集めると同時に「排水」も行わなければならず、どんどん島は沈んでいきます。行き場を失ってしまう終盤はなかりドキドキします。

 

スポンサーリンク

 

プレイヤーの特殊能力

 

 

最大6人のプレイヤーには特殊能力がそれぞれ与えられます。

 

探検家斜め方向にも移動・排水できる
技術者:一度に2枚排水できる
ダイバー「浸水状態パネル」、「沈没したパネル」上を通過して移動できる
パイロット:1ターンに一度だけ好きな場所に移動できる
航海士:自分のかわりに他のプレイヤーを2マス移動させる事ができる
メッセンジャー:どこにいても他のプレイヤーにカードを渡すことができる

 

2人から5人で遊ぶときは、プレイヤーの組み合わせも重要です。

 

宝要素カードを4枚集めて財宝をゲット

 

各ターン終了時にプレイヤーは2枚、宝物カードを引くことができます。そこには、宝要素カードが。

 

 

この宝要素カードを4枚集めて宝を交換することができるタイルに移動すると、財宝を1つ獲得するアクションを行うことができます。

 

重要なのは、「1人のプレイヤー」が4枚集める必要があること。プレイヤーは同じマスにいる時にカードを渡すことが可能なので、プレイヤー間で連携を取りながらカードを集めていかなければなりません。

 

ここで活躍するのが、メッセンジャーパイロット。メッセンジャーは同じマスでなくともカードを渡すことができますし、パイロットは渡したいプレイヤーと同じマスに瞬時に移動することができます。

 

 

こうやって、各自が宝要素カードを集め、財宝と交換しながら、財宝を4つコンプリートしなければなりません。

 

 

スポンサーリンク

 

どんどん沈んで行く島

 

ところが、宝カードの山には「水位上昇」カードが潜んでいます。

 

 

このカードを引いてしまう事で、各ターン終了後に浸水するタイルの数が増えていきます。これによって、加速的に島は沈没していくのです。

 

沈没間近の終盤で活躍してくれるのは、技術者ダイバー。技術者は一度に2枚「排水」できるため、島の沈没を食い止めてくれます。また、ダイバーは浸水した場所・沈んだ場所でも好きに移動できるので、他のプレイヤーが行けなくなった場所でも財宝をゲットすることができます。

 

 

ゲームクリアした時は一体感を味わる

 

みんなで4つの財宝を獲得できたら、「愚者の発着場」タイルまで移動しましょう。このタイルに全員が乗った状態で、ヘリコプターカードを使用すると、脱出成功です。

 

 

脱出成功時には、メンバー全員で大きな達成感を味わうことができます。思わずハイタッチしちゃったり。みんなで楽しめるゲームって素敵ですね。

 

やってみるとわかりますが、プレイヤーの組み合わせや人数で戦略も大きく異なります。また、「禁断の島」のプレイマップも毎回変化しますので、移動経路をみんなでワイワイ考えながら楽しめるゲームだなと感じました。

 

ちなみに、スタート段階の水位で難易度も変えることができますので、慣れてきたら水位を上げて楽しむことができます。

 

 

ちなみに、私は「上級者モード」で遊んでますが、「伝説級モード」はクリアできる気がしません。もう少し頑張りたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

プレイすればわかりますが、このゲーム、かなり頭を使います。特にプレイヤーの数が増えると選択肢が増えてかなり複雑になります。

 

日本語版ですし、ルールを読んで一回プレイすればすぐに理解できるかと思います。また、1人で6人を動かす事もできる為、1人から楽しめるのもポイントですね。

 

そして、協力型ボードゲームならではの一体感。クリアした時はメチャメチャ盛り上がります。あと、何も遺恨が残らないというのは素晴らしい事ですね。

 

正直な所、いい買い物をしました。プレイヤーの数や組み合わせ、禁断の島のレイアウト、水位の難易度と、やり込める要素が豊富ですので、是非ともご家族、ご友人と楽しんでみてください

 

 

 

スポンサーリンク
最新情報をお届けします