『カインは言わなかった/芦沢央』:公演直前に失踪した若きダンサーを取り巻く狂気のミステリー

個人的こんな方におススメ♬

 

こんにちは、RKOです。本日は2019年8月刊行、芦沢央作「カインは言わなかった」をご紹介します。芦沢央さん2年ぶりの長編作品です。

 

印象的なタイトルと表紙に惹かれる本作。「カインとアベル」という神話をモデルとしたバレエ公演を通して、狂気にとらわれた芸術家達の慟哭を描いたミステリーでした。ミステリーというよりは、作品自体が一つのお芝居を見ているような感覚にとらわれる作品です。

 

ズバリ、この作品は、

『世界観に惹きこまれる作品を堪能したい』人向けです。

 

概要

 

芸術にすべてを懸けた男たちの、罪と罰。
エンタメ界のフロントランナーが渾身の力で書き上げた、
慟哭のノンストップ・ミステリー!

「世界のホンダ」と崇められるカリスマ芸術監督率いるダンスカンパニー。
その新作公演三日前に、主役が消えた。
壮絶なしごきにも喰らいつき、すべてを舞台に捧げてきた男にいったい何があったのか。
“神”に選ばれ、己の限界を突破したいと願う表現者たちのとめどなき渇望。
その陰で踏みにじられてきた人間の声なき声……。様々な思いが錯綜し、激情はついに刃となって振るわれる。

『火のないところに煙は』で本屋大賞ノミネート。
『許されようとは思いません』続々重版中。
もっとも次作が待たれる作家の、実に2年ぶりの長篇大作!

(「BOOK」データベースより)

 

スポンサーリンク

 

RKOの個人的おススメ指数

 

謎の素晴らしさ: A(カインは言わなかった・・・)

文章構成: S(プロローグからエピローグまで一字一句見逃せない作品)

登場人物: S(各登場人物の心情が掘り下げられています)

読みやすさ: A(芸術家達の熱量が強く感じられます)

再読したい度: S(二週目は違う楽しみ方ができそう)

おススメ指数 S

これまで読んだ芦沢作品の中では一番好きかもしれない。

 

スポンサーリンク

 

感想

 

国内外から高い評価を得る芸術監督・誉田(ホンダ)が設立した新鋭のバレエ団体・HHカンパニー。厳しい稽古で知られるこの団体の新作公演「カイン」で、主役カインを演じる予定であった藤谷誠が公演3日前に突如行方不明となります。なぜカイン役の誠は姿を消したのか。この舞台は無事に公演初日を迎えるのか。

 

本作では、誠の彼女・あゆ子、カイン代役候補・尾上、誉田によって娘が自殺に追い込まれた松浦ら、様々な登場人物達の視点を通じて「芸術にとらわれた者たちの狂気」が全編通じて描かれます。「バレエ」を題材として、芸術に魅せられた登場人物達の欲望が切実に描かれており、強い熱量が感じられます。パワハラまがいの誉田の指導、これは芸術という免罪符をもって許されるのか。近年、どの世界でも問われるこの曖昧な境界線に演者の立場からも問う作品です。

 

また、本作では「カインとアベル」という旧約聖書のお話を題材にしている所が非常に興味深く感じました。「カイン」は旧約聖書にて「人類最初の殺人者」として描かれる男です。実の弟である「アベル」への嫉妬から彼を殺害してしまうカイン。作中では、他者に対して恨みを持つ登場人物達の心情が深掘りされており、殺害に至るまでの境界線が巧みに描かれています。人を殺すという境界線はどこにあるのか、「カインとアベル」との対比が見事だなと感じました。

 

狂気にとらわれた芸術家達の慟哭を描いたミステリー。全編を通じて暗く、息苦しさを感じられる作品だと思いますが、同時に表現者の強い熱量を感じられる作品でもあると感じました。もしご興味を持たれましたら、是非とも本作をチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク
最新情報をお届けします