『ラブ・ケミストリー/喜多喜久』:ファンタジー×有機化学×ラブコメディー♬

f:id:rko-3rdgeneration:20190702212103j:plain

個人的こんな方におススメ♬

こんにちは、RKOです。本日は2011年刊行、喜多喜久作「ラブ・ケミストリー」をご紹介します。本作は、第9回『このミステリーがすごい!』大賞の優秀賞を受賞した作品です。

 

『このミステリーがすごい!』大賞では、ミステリーとしては弱いという事で残念ながら大賞受賞とは成らなかった本作。可愛い表紙のイメージ通り、ミステリー感はあまり感じませんが、ラブコメとして考えれば非常に楽しく読める作品であると感じました。

 

また、本作では『有機化学』の要素が盛り込まれており、理系(特に化学専攻)の方は学生時代の研究風景を思い出して楽しめるかと思います。かくいう私も専攻が『生化学』でしたので、クロマトグラフィー、エバポレーター、NMR(核磁気共鳴)などの表記に懐かしさを感じながら読ませていただきました。

 

ズバリ、この作品は、

『軽く読める「理系ラブコメ」に興味がある』人向けです。

 

概要

どんなに複雑な物質であっても、瞬時に合成ルートを編み出す能力を持つ大学院生・藤村桂一郎。ところが彼は研究室にやってきた新人秘書・真下美綾にひと目惚れし、能力を失ってスランプに陥ってしまう。そんなある日、カロンと名乗る黒衣の妖女が「キミの能力を取り戻してあげる」と現れ、美綾への告白を迫るが…。東大で理系草食男子が巻き起こす前代未聞のラブコメ&ミステリー。東大卒の著者が描く“日常系コメディ”登場!天才的化学センスをもつ藤村桂一郎は、初恋によってスランプに!突然現れた死神・カロンに振り回され、超オクテの草食男子はどこへ行く!?2011年第9回『このミス』大賞優秀賞受賞作。 (「BOOK」データベースより)

 

スポンサーリンク

 

RKOの個人的おススメ指数

謎の素晴らしさ: C(ミステリーとしては過度な期待はしない方がいいかも)

文章構成: B(ラブコメとしては王道の展開かな?)

登場人物: B(東大生×リア充 ⇒ 許せない!(笑))

読みやすさ: A(サクサク読めますし、有機化学の勉強になります)

再読したい度: B(妙に落ち着きのある作品でした)

おススメ指数 B
理系ラブコメとしては楽しく読める作品でした。

 

スポンサーリンク

 

感想

本作は、物質の合成ルートが瞬時に閃く能力を持つ東大院生・藤村桂一郎を主人公としたお話です。若くして天才化学者とも呼ばれる彼ですが、研究室に秘書としてやってきた真下美綾に一目惚れする事によって、この能力が失われてしまいます。困惑する桂一郎の前に現れたのは、謎の女・カロン。彼女から、「能力を取り戻すにはクリスマスまでに美綾に告白して付き合う必要がある」と言われ、桂一郎は自身の能力を取り戻すため、一目惚れした女性と付き合うため奮闘することに。果たして謎の女・カロンの真意とは・・・。

 

第9回『このミステリーがすごい!』大賞・優秀賞受賞作ですが、正直ミステリーとしては先が読めてしまうところがあります。しかしながら、ライトなラブコメ作品として考えた場合、メインストーリーや有機化学に関する特殊能力もわかりやすく、「読んで楽しい作品」である事は間違いないかと思います。純粋で無垢な主人公の恋愛成就を応援しながら読める作品でした。

 

また、前述したように、本作では有機化学にスポットライトが当てられており、論文や研究に関する描写が多く見受けられます。理系の人にとっては、この辺りの専門的描写を楽しめるのではないでしょうか。一方で、化学にアレルギーのある方は(丁寧に説明されているので問題ないかとは思いますが)ご注意ください。

 

気軽に楽しめるファンタジー・有機化学・ラブコメディーである本作。ミステリーとしては過度の期待は禁物ですが、初恋の初々しさを思い出させてくれる作品です。興味を持たれた方は是非とも本作をチェックしていただければと思います。

 

スポンサーリンク
最新情報をお届けします