『封印再度/森博嗣』:S&Mシリーズ5作目♬

f:id:rko-3rdgeneration:20190817111120j:plain

個人的こんな方におススメ♬

こんにちは、RKOです。本日は森博嗣作「封印再度(Who Inside)」をご紹介します。犀川准教授とお嬢様女子大生の西之園萌絵が活躍するS&Mシリーズの第5作です。

 

衝撃の密室トリックから始まったS&Mシリーズも折り返し地点。本シリーズは第1作の「すべてがFになる」から順番に読むのがおススメです。未読の方は是非とも以下の過去記事をチェックいただければと思います。

 

rko-book.com

 

 

本作も密室で発生した不可思議な事件に、犀川と萌絵のコンビが挑みます。また、二人の関係にも進展があるのか注目です。

 

ズバリ、この作品は、

『不思議なタイトルに惹かれた』人向けです。

 

概要

 岐阜県恵那市の旧家、香山家には代々伝わる家宝があった。その名は、「天地の瓢」と「無我の匣」。「無我の匣」には鍵がかけられており、「天地の瓢」には鍵が入っている。ただし、鍵は「瓢」の口よりも大きく、取り出すことが出来ないのだ。五十年前の香山家の当主は、鍵を「瓢」の中に入れ、息子に残して、自殺したという。果たして、「匣」を開けることが出来るのか?興味を持って香山家を訪れた西之園萌絵だが、そこにはさらに不思議な事件が待ち受けていた。(「BOOK」データベースより)

 

スポンサーリンク

 

RKOの個人的おススメ指数

謎の素晴らしさ: B(壺と匣のトリックは興味深いですね)

文章構成: B(シリーズの中でも少し趣が異なる作品です)

登場人物: B(恋愛要素が強くなっているのが・・・)

読みやすさ: A(理系ミステリーですが今回は易しめ?)

再読したい度: C(タイトルが秀逸ですね)

おススメ指数 B
犀川と萌絵の関係にも進展があったりなかったり・・・。(笑)

 

スポンサーリンク

 

感想

50年前、日本画家・香山風采は息子・林水に家宝「天地の瓢」と「無我の匣」を残して密室で謎の死を遂げます。そして50年後、息子の林水が謎の死を遂げることに。これらの事件の鍵は2つの家宝にあるのか?事件に興味を持ったお嬢様女子大生・西之園萌絵は事件の調査を行いますが・・・。

 

本作は、2つの事件に影響を及ぼす「壺」と「匣」のトリックが秀逸でした。風采が息子の林水に託したこの2つの家宝。「匣」の鍵は「壺」の中に入っているため、この「匣」を開けるために鍵を「壺」から取り出す必要があります。しかしながら、壺を割ってはいけない、という禅問答のような謎です。この謎が2つの不審な事件を解く鍵になっています。

 

また、理系ミステリーにも関わらず本作は「死生観」を扱っており、哲学的なお話も含まれております。これまでのシリーズとは少し趣が異なり、理系人間である犀川のこれまで見せていない一面も垣間見える作品です。

 

なお、本編とは関係ない、というかこちらが本編になりつつある「犀川と萌絵の関係」にも進展がみられます。相変わらずハチャメチャな萌絵が遂に行動を起こす事に。私はあまり2人の恋愛に興味はないのですが、本作はこちらのウエイトが高くなっております。2人の関係が気になる方にはおススメです。

 

S&Mシリーズ第5作の本作。シリーズ物で順番に読むと一層楽しめますので、未読の方は是非とも第1作の「すべてがFになる」からチェックいただければと思います。

 

 

 

最新情報をお届けします
スポンサーリンク
スポンサーリンク