『medium 霊媒探偵城塚翡翠/相沢沙呼』:只々読んで欲しいとしかいえない2019年本格ミステリ必読作

個人的こんな方におススメ♬

 

こんにちは、RKOです。本日は2019年刊行、相沢沙呼作「medium 霊媒探偵城塚翡翠」をご紹介したいと思います。年末のミステリーランキングでも高い存在感を示した2019年の本格ミステリー必読作です。

 

相沢沙呼さんは「午前零時のサンドリヨン」で鮎川哲也賞を受賞した作家さんですね。「魔眼の匣の殺人」の今村昌弘さんの活躍もあり、鮎川哲也賞受賞作家が大活躍の年でしたね。

 

※相沢沙呼さんのデビュー作・「午前零時のサンドリヨン」はkindle unlimitedで!

 

ズバリ、この作品は、

『とにかく面白い本格ミステリーを読みたい』人向けです。

 

概要

 

推理作家として難事件を解決してきた香月史郎は、心に傷を負った女性、城塚翡翠と出逢う。彼女は霊媒であり、死者の言葉を伝えることができる。しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら、事件に立ち向かわなくてはならない。一方、巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしていた。一切の証拠を残さない殺人鬼を追い詰めることができるとすれば、それは翡翠の力のみ。だが、殺人鬼の魔手は密かに彼女へと迫っていた―。(「BOOK」データベースより)

 

スポンサーリンク

 

RKOの個人的おススメ指数

 

謎の素晴らしさ: S(読んで欲しいとしか言えません)

文章構成: S(本格ファンの斜め上を行く展開)

登場人物: S(とにかく翡翠ちゃんが可愛い)

読みやすさ: A(霊媒と論理的推理がいい塩梅で世界観に没入できます)

再読したい度: A(次回作も楽しみです)

おススメ指数 S

面白くて一気読み。読んで良かったと思える力作です。

 

スポンサーリンク

 

感想

 

推理作家である香月史郎は、霊媒師である一人の女性・城塚翡翠(じょうづかひすい)と出会います。彼女には『死者の言葉』を伝えることができる能力がありました。しかしながら、彼女の言葉だけでは証拠にならないため、論理的に犯人を追い詰めていく必要が。香月は彼女の能力を活用しながら事件の解決を目指します。事件を解決しながら、彼らは少しずつ「ある一人の猟奇的殺人犯」に迫っていくことになります。

 

本作の魅力は翡翠の「霊媒」と「本格ミステリ」を見事に融合させた事でしょう。彼女の能力はあくまで断片的であり、彼女の言葉をもとに推理作家である香月が理論を構築して犯人を追い詰めるというスタイルは非常に面白いですね。

 

そしてとにかく翡翠が可愛い。彼女の個性が巧みに表現されており、恋に落ちてしまいそうでした。謎自体も魅力的である為、一気読み必至の作品でもあります。

 

色々言いたいことがありますがこれぐらいにしたいと思います。とにかく面白いので読んで欲しい作品です。本格ミステリファン、普段本格ミステリを意識せずに読書されている方、どちらの方にも読んで欲しいおススメ作品です。未読の方は、2019年締めの一冊は是非とも本作をお選びください♪

 

最新情報をお届けします